ラクレットの簡単な始め方を私なりに紹介!インスタ映えしてめちゃくちゃ美味しい!

楽しむ!

ラクレットチーズはスイスのチーズで、ラクレットという料理で食べます。

ラクレットチーズは少し酸味とクセのあるチーズですが、加熱して溶かした後に色んな食材にかけると信じられないようなハーモニーを楽しむことができます。

私はラクレットメーカーを使ってもう四年になるのですが、結構癖のあるチーズが好きで、ラクレットは毎日でも食べたいと思います。

今日はラクレットを簡単に楽しむ方法をご説明します。

段ボールで屋台を作った話!家で食べるご飯を楽しくできる方法を紹介!
緊急事態宣言があって外出しにくくておうちでちょっとストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。 外食したくてもできないことがこんなに辛いとは思ってもいませんでした。 そこで今日は、お家で簡単にできるダンボー...

ラクレットはどんな料理か

ラクレット画像

ラクレットはジャガイモや魚介類、ウィンナーや野菜などの好きな食材を天板で熱して、溶かしたラクレットチーズをかけて食べます。

 

フランスパンのような固いパンにのせて食べるのもおすすめです。

 

チーズを自分でとかして自分の好きな食材に乗せて食べるので、手巻き寿司とか自分で揚げる串揚げみたいな雰囲気がありますね。

 

ラクレットだけで食べてもおいしいと言えば美味しいのですが、色んな食材にのせて食べるのが一番美味しいです。

 

難しそうなのですが、写真にもあるラクレットメーカーを使えばとても簡単にとても写真映えするパーティーを楽しむことができます

 

ラクレットを加熱するのにはラクレットメーカーが便利

ラクレット画像

ラクレットを食べるには好きな食材を温めるのと、ラクレットチーズを温めて溶かすのと二つのことを行う必要があります。

 

ラクレットメーカーはヒーターで鉄板や石板を加熱してその上で食材を調理します。ヒーターの下にはラクレットチーズを溶かすためのスペースがあります。手のひらサイズの小さなフライパンのような入れ物にラクレットチーズを入れてヒーターの下にセットします。

 

ラクレットを楽しむために必要なものは、ラクレットメーカーとラクレットチーズと好きな具材です。

ラクレットチーズは四人家族で1回500グラムが基本量

ラクレットチーズは大人二人子供二人の家族で400 G あれば、腹八分目くらいで足りると思います。

ラクレット以外の食べ物も楽しむのであればこのくらいの量が適量かと思いますね。

本当にお腹がパンパンになるまでラクレットを堪能したければ600 G ぐらいあってもいいかもしれません

私はラクレットを食べる日はかなりラクレットばかり食べるので、たくさんチーズを用意しておきたいタイプです。

ラクレットチーズは冷凍クラッシュタイプがおすすめ

 

ラクレットチーズは元々は円形の大きな丸いチーズなのですが、それをクラッシュして凍らせたものが売られています。

冷凍のクラッシュラクレットチーズはとても便利です

円形のラクレットチーズを家庭で食べるのは大変です。円形のラクレットチーズを加熱して調理して食べるととてもお洒落で良いのですけどね。

 

円形のラクレットを加熱調理する器具はラクレットメーカーよりもサイズが大きくなります。値段も高いことが多いです。そして何より、円形のラクレットを加熱調理する器具はラクレットを調理する以外に使い道がないと思われることです。

 

クラッシュチーズ用のラクレットメーカーだと、焼肉や鉄板焼きなどの料理に使うこともできるので利用範囲が広いです。

 

簡単に始められるラクレット、家庭で外食をしているような気分を味わえるのでぜひ試してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました